Menu

法面工事・土木工事

Home

法面工事・土木工事

法面工事とは

道路建設や宅地造成などの開発行為に伴い、山地を削ったり、盛土をすることにより
造られる人工斜面、または自然斜面のことを法面といいます。
法面工事とは、そうやって造られた斜面がくずれないように落石予防、保護するための工事を言います。

東北特工では、確かな技術力と経験豊富なノウハウを活かして、様々な施工に対応可能です。

法面工事 法面工事 法面工事

主な工事内容

植生基材吹付工

植生基材吹付工

法面の整形・清掃を行った後、ラス金網を張り付け、その上に基盤材、接着剤、種子、肥料を吹付機に投入、攪拌装置内で均等に練り混ぜて、コンプレッサーの圧縮空気で搬送し、所定の長さ(3cm~10cm)に一度に吹付けます。

現場吹付法枠工

現場吹付法枠工

法枠工は法面上に格子(フレーム)状のモルタル・コンクリートの構造物を造成し、その自重で法面の安定化を図る工法で、高所や凹凸面のある法面に対しても施工が可能です。

モルタル吹付工

モルタル吹付工

岩盤の風化防止、雨水等の地山への浸透による浸食、崩壊の発生防止・緩和、小規模な落石防止などの機能があります。法面に金網を張ったのち、モルタル・コンクリートを10cm前後吹き付ける工法です。吹付厚さは現場条件、凍結深等の立地条件を考慮し決定します。

種子散布工

種子散布工

種子、高度化成肥料、木質繊維(ファイバー)、水、接合剤などをタンクに投入し攪拌し、圧縮空気を併用した吹付車でホースをのばし、均一に吹付けます。

植生マット工

植生マット工

肥料、土壌改良資材、保水材などを充填した大型の植生基材袋を30~40cmピッチで装着した薄綿付のマットで、硬質土や強風化軟岩地でも長期にわたり安定した緑化が可能です。

鉄筋挿入工(ロックボルト工)

鉄筋挿入工(ロックボルト工)

鉄筋挿入工は、斜面に鉄筋やロックボルトなどの比較的短い棒状補強材を地山に多数挿入することにより、地山と補強材の相互作用によって移動土塊や斜面上の岩塊などを安定化させる工法です。

法面工との併用で、補強材とのり面工が結合され、補強材と一体となり補強効果をなします。また、補強材の長さがアンカー工よりも短く、比較的崩壊規模の小さい斜面に適用されます。

会社概要
アクセスマップ

【所在地】〒988-0221 宮城県気仙沼市長磯七半沢137
【建設業許可】宮城県知事許可(般-30)第18203号
【代表者】小松 厚
【事業内容】
 土木工事、法面工事、植生基材吹付工、現場吹付法枠工、モルタル吹付工
 種子散布工、植生マット工、鉄筋挿入工、クレーンリース業

会社概要